HOME > 企業情報 > 沿革

沿革history

昭和24年(1949年)  大阪市天王寺区城南寺町において印刷物光沢化工業、昌永ニス引所開業。
昭和37年(1962年) 太成化工紙(株)を設立。資本金200万円。
昭和39年(1964年)  大阪市城東区鴫野西2丁目7番18号に城東工場開設。
昭和44年(1969年) 天王寺区城南寺町より城東区鴫野西に本社を移転。
昭和46年(1971年) タックシール印刷部を新設。
昭和47年(1972年) 二葉加工所と合併。社名を太成二葉産業株式会社に改称。
昭和48年(1973年) 箔押部門新設。
昭和51年(1976年) 十字屋化工(株)を合併。機械設備を本社工場に収容。
昭和52年(1977年) 代表取締役社長に荻野健が就任。
昭和56年(1981年) 大阪市東成区神路2丁目9番7号に新工場完成。加工部門・箔押部門を移転。
平成3年(1991年) IBM AS/400及びPRINT-PACKを導入。受注から生産・販売管理までのシステム化(TIMS)。
平成6年(1994年) 環境問題を考えた新しい加工「ラミコートLC」を開発・導入。
平成7年(1995年) 工場LANシステム構築、パソコンによる工場の生産管理スタート。
印刷部門新設。ハイデルベルグ社製スピードマスター菊全5色印刷機と刷版設備一式を導入。
印刷から表面加工まで一貫生産を目指す。
平成8年(1996年) 

2台目印刷機(ハイデルベルグ社製スピードマスター4色印刷機)導入。

Macintoshを導入。プリプレス部門新設。

平成9年(1997年) 代表取締役社長に荻野隆が就任。
製版ワークステーション(レナトス)・イメージセッター・スキャナを導入、フルデジタルワークフローを構築。
ポーラー断裁機・スタール折機を導入。仕上部門を新設。
平成10年(1998年) CTP導入。プリプレス部門の強化を図る。
中綴機導入。デジタルデータから製本まで可能な体制を構築。
平成12年(2000年) Windowsデータにも対応が可能な製版ワークステーション導入。
城東税務署より優良申告法人の表敬を受ける(6期連続)。
平成13年(2001年) ハイデルベルグ社製スピードマスター菊全8色印刷機を導入。
オフセット印刷との親和性が高く、環境に優しい「フレキソコーター」導入。
平成14年(2002年) True Flowを導入し、CTPを入れ替え。JDF/CIP4への対応を進める。
平成15年(2003年) 東京営業所新設。
スピードマスター菊全4色機にUV乾燥機を装着。より一層の短納期化を実現。
多彩な高付加価値加工を実現する桜井グラフィック社製シルクコーター導入。
平成16年(2004年)

東成区深江北に深江工場新設。

ハイデルベルグ社製プリネクトシステム導入。RGB入稿及びスーパーファインカラーへの対応を進める。
ハイデルベルグ社製スピードマスター菊全5色印刷機(UV乾燥機付)に更新。
ギーツ社製箔押機を導入。幅広い加工の内製化を図る。
2005年全国カレンダー展にて初出展のオリジナルカレンダーが審査委員会奨励賞を受賞。

プライバシーマークを取得し、宛名印字業務等の個人情報保護に取り組む。

平成17年(2005年) 高まる高付加価値印刷物への需要に対応するため、高速タイプのスタイネマン社製シルクコーターを導入。
環境問題に対する市場ニーズに応えるべく「ラミコートLC」の2台目を導入。
ハイデルベルグ社製スピードマスター菊全6色機(2コーター付)、通称「DUO」を導入。
平成18年(2006年) ハイデルベルグ社製スピードマスター菊全6色機「DUO」にダックエンジニアリング製の枚葉検査装置を装着。
平成19年(2007年) ISO14001認証を取得。 第6回印刷産業環境優良工場表彰にて奨励賞を受賞(深江工場)。
フィルム巻出装置を装着(ターレット仕様)した高速ラミネート加工機(浜松製作所製)を導入。
「5th Asian Print Awards」販促部門にて、当社オリジナルカレンダー「Japanese Design」が日本企業として初の金賞を受賞。更に、ドイツ国際カレンダー展にて金賞を、全国カレンダー展においては印刷産業連合会会長賞を受賞。
平成20年(2008年)

本社営業部門を深江工場に移転。

ハイデルベルグ社製スピードマスター菊全7色機(CD102-7+LY-1)、通称「PLUS1」を導入。

「6th Asian Print Awards」にて昨年に引き続き、2年連続の金賞受賞を達成。 また、銀賞・銅賞も同時に受賞。

平成21年(2009年)

4月に創業60周年を迎える。本社機能を深江工場に移動。

FOGRA認証を取得し、国際規格における印刷の標準化を確立。
紙器設計用CADシステム「Artios CAD」を導入。

「7th Asian Print Awards」にて銅賞を二部門で受賞。協賛のProject365「365カレンダー」によって、金賞受賞。

平成22年(2010年)

特殊フォルダー・グルアー機導入 。

「8th Asian Print Awards」金賞(1)、銀賞(2)、銅賞(1)を受賞。

平成23年(2011年) 東京営業所を神田から、銀座6丁目に移設。
平成24年(2012年)

9月に設立50周年を迎える。社史「CHALLENGE〜太成二葉産業 50年の軌跡」出版。

INDOPRINT(インドネシア)に出展。

「9th Asian Print Awards」ポストカード部門にて金賞受賞。

平成25年(2013年)

ハイデルベルグ社製スピードマスターCX102(CX102-5)省電力UV仕様を導入。

日本HP社製 デジタル印刷機 Indigo7600新設。

Nilpeter社製 フレキソ印刷機 FA-4新設。

「10th Asian Print Awards」ポストカード部門にて金賞受賞、パッケージ部門で銀賞受賞。

平成26年(2014年)

「11th Asian Print Awards」ポスター部門にて金賞受賞、ポストカード部門で銅賞受賞。