HOME > サービス紹介 > 印刷 > フレキソ印刷

フレキソ印刷flexography

加工概要

「フレキソ印刷」とは凸版印刷の一種で、ゴムや合成樹脂といった弾性(flexible)版を使用する印刷方式のことを言います。

その最大の特徴は「アニロックスロール」という、メッシュ状に小さな穴の空いた彫刻ロールを使って、常に均一のインキ量を供給すること。これにより、小ロットでも安定した品質を保つことができます。

イメージ

設備案内

弊社の所持するNilpeter社製の印刷機は、ナローウェブと呼ばれる狭幅に特化した複合加工の出来る印刷機です。

スリーブ方式の版胴やアニロックス、高精度サーボモーター等、最先端の技術を他社に先駆けて搭載し、単なるフレキソ印刷機ではなく、コンバーティング機能を持ったコンビネーション機械になります。ワンパスで仕上げまでを瞬時に加工でき、1台で箔押し・ラミネート・ハーフカットなどにも対応出来ます。

flexio_nil_img11.jpg
最大紙幅 420mm 最大印刷速度 175m/min
最大印刷有効幅 390mm 色数 8色
リピート長 304.8~635mm 最大巻き取り径 1016mm

ニールピーター

Nilpeter FA-4 フレキソ印刷機

製品例

PAT加工  

アルミ転写

軟包装に任意のアルミ模様を作る技術で、シンプルな形から繊細なデザインパターンまで、様々な応用展開が可能です。

コスメル  

コスメル

香水、液体の芳香剤といった香料をフィルムでそのまま密封し、シールをめくった時に香りを発生させるツールです。

 
クラフト印刷  

クラフト印刷

クラフト紙への印刷も可能です。

 
印刷・表面加工に関するご相談、お悩みは
太成二葉産業までお気軽にお問い合わせください。
  お問い合わせはこちら