HOME > サービス紹介 > 印刷 > フレキソ印刷 > フレキソ印刷・種類

フレキソ印刷・種類flexography

UVグロス

概要

UVオフセットインキの上刷り用として設計された水性インキです。インライン・フレキソ・コーターを利用して印刷表面にクリアなコート層を作り出します。UVオフセットなので、パウダーがなく透明性が高く、平滑な光沢に仕上がります。
当製品は、NL規制に準拠し、環境にやさしい低VOCの水性インキですので、環境対応の印刷物にもご使用いただけます。

加工可能な範囲

樹脂凸版を使用し、スポット加工が可能です。この場合は樹脂版の製版が必要になります。

常時在庫

有り

得られる効果

光沢 ツヤ 耐摩擦性

注意点

ノンコート紙、エンボス紙等の平滑性の悪い用紙には適しません。

UVマット

概要

UVオフセットインキの上刷り用として設計された水性インキです。インライン・フレキソ・コーターを利用して印刷表面につや消し(マット)のコート層を作り出します。オフセットのマットニスに比べ、若干荒いマットになりますが、質感が独特な面白い素材です。
当製品は、NL規制に準拠し、環境にやさしい低VOCの水性インキですので、環境対応の印刷物にもご使用いただけます。

イメージ
加工可能な範囲

樹脂凸版を使用し、スポット加工が可能です。この場合は樹脂版の製版が必要になります。

常時在庫

有り

得られる効果

マット調 つや消し 耐摩擦性

注意点

ノンコート紙、エンボス紙等の平滑性の悪い用紙には適しません。

高輝度シルバー

概要

UVオフセットインキの上刷り用として設計された水性インキです。インライン・フレキソ・コーターを利用して印刷表面につや消し(マット)のコート層を作り出します。オフセットのマットニスに比べ、若干荒いマットになりますが、質感が独特な面白い素材です。
当製品は、NL規制に準拠し、環境にやさしい低VOCの水性インキですので、環境対応の印刷物にもご使用いただけます。

イメージ
加工可能な範囲

樹脂凸版を使用し、スポット加工が可能です。この場合は樹脂版の製版が必要になります。

常時在庫

有り

得られる効果

シルバー メタリック感 隠蔽性 キラキラ

注意点

ノンコート紙、エンボス紙等の平滑性の悪い用紙には適しません。

高輝度パール

概要

UVインキの下刷り用として設計された水性インキです。オフセット印刷では再現の難しい高輝度のパール光沢、隠蔽性が得られ、インラインでの高付加価値印刷を可能にします。ニスコーターなどを用いたオフラインでの印刷も可能です。
当製品は、NL規制に準拠し、環境にやさしい低VOCの水性インキですので、環境対応の印刷物にもご使用いただけます。

イメージ
加工可能な範囲

樹脂凸版を使用し、スポット加工が可能です。この場合は樹脂版の製版が必要になります。

常時在庫

有り

得られる効果

パール感 光沢感 隠蔽性 キラキラ

注意点

ノンコート紙、エンボス紙等の平滑性の悪い用紙には適しません。

偏光パール

概要

基本的にはUVインキの下刷り用として設計された水性インキです。しかし、オフセットで1色先刷りした上に偏光パールを上刷りし、さらにカラー印刷をする事でパール感をより発現させ、繊細な表現が可能になります。
また、光の反射角によって見える色が変わる二次偏光パールなどもあります。
当製品は、NL規制に準拠し、環境にやさしい低VOCの水性インキですので、環境対応の印刷物にもご使用いただけます。

イメージ
加工可能な範囲

樹脂凸版を使用し、スポット加工が可能です。この場合は樹脂版の製版が必要になります。

常時在庫

無し

得られる効果

偏光色 パール感 キラキラ

注意点

ノンコート紙、エンボス紙等の平滑性の悪い用紙には適しません。

アンカー

概要

UVインキの印刷適性を向上させる下刷り用として設計されたクリアな水性インキです。当社ではPET素材へのオフセット印刷がある場合に使用します。これにより、PET蒸着フィルム上のオフセット印刷が可能になり、販売されている特殊紙と比べてコストを抑える事ができます。
当製品は、NL規制に準拠し、環境にやさしい低VOCの水性インキですので、環境対応の印刷物にもご使用いただけます。

加工可能な範囲

樹脂凸版を使用し、スポット加工が可能です。この場合は樹脂版の製版が必要になります。
アンカーとして使用する場合は全面加工がほとんどです。

常時在庫

有り

得られる効果

印刷適性

圧着のり

概要

UVオフセット上に粘着機能のあるUV樹脂層をコーティングすることです。当社では主に圧着DM(ダイレクトメール)の圧着加工の工程として取り扱っております。のりには水性のりとUVのりの二種類の素材があり、それぞれ開封時の表面状態が異なります。
水性のりタイプは開封時にはマット調になり、UVのりタイプは開封時は高光沢の状態になります。

ビジネスフォームの圧着とは違い、樹脂層同士が圧によって密着します。フィルムを使用していませんので使用後は一般廃棄できます。

加工可能な範囲

樹脂凸版を使用し、スポット加工が可能です。この場合は樹脂版の製版が必要になります。

常時在庫

有り

得られる効果

粘着機能

注意点

乾燥後の一定期間、若干ではありますがUV臭があります。

印刷・表面加工に関するご相談、お悩みは
太成二葉産業までお気軽にお問い合わせください。
  お問い合わせはこちら