HOME > サービス紹介 > 表面加工 > コーティング

コーティングcoating

加工概要

コーティングとは、樹脂を塗布する事で印刷物を保護したり、美粧性や機能性を付加する事です。コート加工、コート、オーバーコートと呼ばれる事もあります。当社では生産性や特殊性を第一に考え、UV乾燥方式を主軸に機械設備し、日々技術の向上を図ってます。
設備分類としては、「スクリーン印刷方式」「フレキソ印刷方式」「グラビア印刷方式」「ラミコート(LC)方式」「プレスコート」「ニス引き」といった新旧の印刷・光沢加工の技術を用いてコート加工を行ないます。
それぞれの印刷・加工方式についての詳細説明および、材料については各印刷方式からお進みください。

イメージ
スクリーン印刷方式  

スクリーン印刷方式

衣類や工業製品など幅広く利用されます。当社では、光沢ニスや機能性ニスを印刷物にコーティングしています。
ラミコート方式  

ラミコート方式

転写を利用したUVラミコート加工。ラミネート加工同等の高い光沢を持ち、スポットコーティングも可能です。
その他  

その他

光沢化工が始まった頃から脈々と引き継がれている化工技術です。時代を超えるシンプルかつ、機能的な光沢化工になります。
 
印刷・表面加工に関するご相談、お悩みは
太成二葉産業までお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら