HOME > サービス紹介 > 表面加工 > コーティング > スクリーン印刷方式 > スクリーン印刷方式・種類

スクリーン印刷方式・種類screen-stencil

グロス

概要

印刷物への部分加工(スポット)の艶出し(グロス)加工では、ポピュラーなコーティング方法です。UVスクリーン印刷の特性から、フィルムなど紙以外への加工も可能です。盛り上がり感はあまりなく塗膜は10μ程度ですが、クリアで高光沢なグロス加工です。
マット調の用紙や素材、色ベタとの相性が良く、組み合わせる事で美粧性がより強調される、デザイン性の高い加工です。

 

コストもそれほど高くなく、使い方やロットによっては、高いパフォーマンスを発揮します。

イメージ

イメージ
加工可能な範囲

シルク版の中であれば、どのような範囲でも塗工可能です。ただし、線数が荒いため微細なグラデーションなどの再現は難しくなります。

常時在庫

有り

得られる効果

ツヤ 艶 耐摩擦

注意点

加工部分を折り曲げるとひび割れするので、無線綴じの背等には適しません。当社の場合は折れる場所には加工しないように提案する場合がございます。

マット

概要

部分加工(スポット)でマット調(つや消し)の効果が欲しい場合に有効なコーティング方法です。UVスクリーン印刷の特性から、フィルムなど紙以外への加工も可能です。
グロス調の素材や色ベタとの相性が良く、組み合わすことで高い美粧性を発揮する加工です。

膜厚は10μ程度です。

イメージ
加工可能な範囲

シルク版の中であれば、どのような範囲でも塗工可能です。ただし、線数が荒いため微細なグラデーションなどの再現は難しくなります。

常時在庫

有り

得られる効果

マット 高級感 耐摩擦 つや消し

注意点

加工部分を折り曲げるとひび割れするので、無線綴じの背等には適しません。

盛り上げ

概要

部分的にクリアな光沢ニスを盛り上げて塗布する事が可能で、平面的な印刷物に立体的な光沢のある変化を付加できる加工です。
書籍の表紙やリーフレットなど幅広く利用されており、比較的ポピュラーなコーティング方法です。
膜厚は25μ~40μ前後まで盛り上げる事が可能です。デザイン性に優れているだけでなく、触感にも訴えかける事ができます。
より盛り上がりを重視したニスとメッシュを使うことで、点字専用の加工の組み合わせもあります。

イメージ

イメージ
加工可能な範囲

シルク版の中であれば、どのような範囲でも塗工可能です。ただし、線数が荒いため小さな文字などは潰れてしまいます。

常時在庫

有り

得られる効果

ツヤ 艶 光沢 盛り上がり 触感 耐摩擦 凸

注意点

加工部分を90度以上折り曲げるとひび割れするので、中綴じや無線綴じの背等には適しません。
加工面積が広いと、若干クレーターのように端が盛り上がり、中央部分と段差ができてしまいます。

オレンジピール

概要

オレンジピールとは、塗布膜厚の違いによりUV照射での隆起サイズが異なって硬化するニス加工です。
見た目は名前の通りオレンジの皮のようなエンボス効果になります。ニス自体はクリアなので、下地のデザインを損ねることはありません。
サンディマットと同じように、隆起のサイズを大小二種類から選択できます。
スイスのニスメーカーの製品になり、日本では数社しか取り扱いしておりません。

イメージ

イメージ
加工可能な範囲

シルク版の枠内であれば、どのような範囲でも塗工可能です。

常時在庫

無し

取り寄せ期間

1週間~1ヶ月

得られる効果

果皮 触感 質感 ボコボコ

注意点

原則的に加工部分は折り曲げるとひび割れするので、90度以上の折り曲げる商品には適しません。

サンディマット

概要

サンディマットはクリアニスの中に粒子が混合しており、UV乾燥させることで砂地のようなザラザラした表面を持ったコート層が出来上がります。ニスメーカーからは荒らさの違い(大・中・小)で仕入れておりますが、当社は大・小を常時在庫しております。小はエンボスのような効果で、大は砂をこぼしたような触感になります。

イメージ
加工可能な範囲

シルク版の中であれば、どのような範囲でも塗工可能です。ただし、線数が荒いため小さな文字などは潰れてしまいます。

常時在庫

有り

得られる効果

ザラザラ 砂目 エンボス感(小) 凸凹 触感 耐摩擦

注意点

加工部分を折り曲げるとひび割れするので、無線綴じの背等には適しません。

蓄光

概要

蓄光ニスは、日光や蛍光灯などから光を蓄積し、暗がりで発光する加工です。発光色は基本的に薄いグリーンです。暗い場所でも視認できるような必要があるもの、例えば星座表のようなものから、夜間でも情報発信が可能なポスターであったり、クラブのチケットなど、アイデア次第で様々な用途に使用されています。
ニスの塗布量や種類で発光色や発光時間などの変更・調整は可能です。塗膜は20μ前後で、加工部分はクリアではなく若干白濁した状態になります。

発光色にはブルーやピンクなどもあります。

イメージ
加工可能な範囲

シルク版の範囲内であれば、どのような範囲でも塗工可能です。ただし、線数が荒いため微細なグラデーションなどの再現は難しくなります。

常時在庫

グリーン発光のみ

取り寄せ期間

1週間~1ヶ月

得られる効果

蓄光効果 触感(20μ)

注意点

原則的に加工部分は折り曲げるとひび割れするので、90度以上の折り曲げる商品には適しません。

ラメシルク

概要

一般に「ラメ加工」と呼ばれていますが、これはクリアニスにポリエステルを細かく砕いた粉末(グリッター)を混合したものを使用した加工の事です。

グリッターの色、大きさ、混合密度によって、様々な表現が可能です。グリッターが大きく密度が高ければ、ラメ効果は高くなりますが、ニスの表面はザラザラになり下地の視認性は悪くなり、グロス感は損なわれます。当社では45~50μの塗布量でなるべく様々な要望に対応できるようにしております。

ラメグリッターのサイズは0.075~1.5mmまでカット可能です。
当社でポピュラーなのは0.1mm角のグリッターの5%混合です。
(2010年2月のTIMS-DM)

イメージ

イメージ
加工可能な範囲

シルク版の枠内であれば、どのような範囲でも塗工可能です。細い線や文字などの仕上がりは、混合するラメグリッターの量・大きさに左右されます。

常時在庫

無し

取り寄せ期間

1~2週間

得られる効果

キラキラ ラメ

注意点

加工部分を折り曲げるとひび割れするので無線綴じの背等には適しません。
グリッターを過剰に混合すると加工部分から剥がれ落ちる可能性もあります。

スクラッチ

概要

スクラッチに使用するニスは非常に隠蔽性の高いシルバーのニスです。また、擦れに弱い性質があり、コインなど硬いもので簡単に削れます。この二つの性質を利用して、スクラッチくじなどが一般的によく利用されています。隠したい部分の下地には、オフセット印刷で剥離用のニスを引きます。
スクラッチくじを作る上で注意するべき事はいくつかありますが、ひとつは紙の選択です。薄すぎると光に透かして裏から見えてしまう可能性があります。併せて、文字色印が濃いと裏から見て分かりやすくなってしまいますので、注意が必要です。
塗膜は12~15μで加工しています。

イメージ
加工可能な範囲

シルク版の枠内であれば、どのような範囲でも塗工可能です。ただし、線数が荒いため微細なグラデーションなどの再現は難しくなります。

常時在庫

無し

取り寄せ期間

2・3日

得られる効果

隠蔽 銀

注意点

削る時に塗膜が剥がれ落ちて、若干のカスが出ます。
また、原則的に加工部分は折り曲げるとひび割れするので、90度以上の折り曲げる商品には適しません。

示温

概要

示温ニス(感温ニス)は特定の温度帯に反応して、色が変化する加工です。加工部分に熱が加えられると、色が変化して無色に近くなったり、文字や絵柄が浮かび上がってきたりします。そのまま常温まで放置すると、元の色に戻ります。

色の種類はオレンジ・ピンク・マゼンタ・ブルー・ブラックの5種になります。

イメージ
加工可能な範囲

シルク版の枠内であれば、どのような範囲でも塗工可能です。ただし、線数が荒いため微細なグラデーションなどの再現は難しくなります。

常時在庫

無し

取り寄せ期間

1~2週間

得られる効果

色変化(発色・消色)

注意点

原則的に加工部分は折り曲げるとひび割れするので、90度以上の折り曲げる商品には適しません。

偏光パール

概要

偏光パールとは、特殊な結晶構造を持つパール顔料を、クリアなニスと混合して加工する事です。

特殊な顔料により、光が当たると拡散反射し、角度によって様々な色に変化します。顔料の含有量が多く、下地の印刷はほとんど隠蔽されます。反射光は下地の色にも影響され、同種のニスでも下地の色により異なって見えることもあります。
塗膜は20μ前後、文字など細い箇所は40μ程度になります。

顔料は色や大きさによって、高級感を放ったり華美な印象を与えたりなど表現が変わります。商品イメージに合った偏光パールを混合することも可能ですので、当社までご相談ください。

イメージ

イメージ
加工可能な範囲

シルク版の枠内であれば、どのような範囲でも塗工可能です。ただし、線数が荒いため微細なグラデーションなどの再現は難しくなります。

常時在庫

無し

取り寄せ期間

1~2週間

得られる効果

パール感 色変化

注意点

原則的に加工部分は折り曲げるとひび割れするので、90度以上の折り曲げる商品には適しません。

印刷・表面加工に関するご相談、お悩みは
太成二葉産業までお気軽にお問い合わせください。
  お問い合わせはこちら