HOME > サービス紹介 > 表面加工 > ホットスタンプ・エンボス

ホットスタンプ・エンボスhot stamp / embossing

加工概要

ホットスタンプとは、熱転写できる蒸着箔を銅やマグネシウム版を使って、熱を与えて裏面の接着糊を活性化し、用紙に転写印刷する事です。

ホットスタンプ・エンボスのしくみ
ホットスタンプ・エンボス 図
 
【材料について】
ホットスタンプの表現は大きく分けて二つの材料(箔と版)を組み合わせることで、様々な表現が可能になります。
「箔」には様々な種類があり、豪華な金属表現が可能なメタリック箔、セキュリティー性が注目されているホログラム箔、カラー箔、クリア箔、パール箔など多様性があります。箔材の裏面についている接着糊を変更することで、印刷する素材への対応力を向上させることもできます。
「版」は版の素材と成型方法によって、対刷数や印刷される表現が変化します。 当社では、素材として主流であるマグネシウム、銅、真鍮の三種類を採用しております。
  マグネシウム 真鍮
耐刷
コスト
凸版を成形する彫刻の方法は三種類あります。
化学薬品を使用した触刻(エッチング)、立体的な成形も可能な機械彫刻、そして、仕上げや微妙な立体感を創り上げる職人の手彫りです。

設備案内

当社のホットスタンプ設備はスイスのGIEZ(ギーツ)社を採用しております。GIEZ社は110年の歴史を持つ、ホットスタンプ機の専門メーカーです。

  最大 最小
用紙寸法
(mm)
790×560 297×210
有効面積
(mm)
720×530 -
加工可能紙厚
(g/m2)
530 104.7

加工する素材によって、上記寸法と合致しないものもあります。

ギーツ社製 中型ホットスタンプ機 FSA-790

【 設備機材例 】
ギーツ社製 中型ホットスタンプ機 FSA-790

ホットスタンプ  

ホットスタンプ

箔を蒸着したり顔料を塗布したフィルムを使用。インキでは表現できない金属光沢が得られます。
ステレオ箔  

ステレオ箔

箔押しされた部分が盛り上がっている加工です。浮き出し箔とは違い裏面に凹みがありません。
エンボス加工  

エンボス加工

パチカや当社の雲竜加工に型押しすることで、非常に面白い質感を得ることができます。
 
印刷・表面加工に関するご相談、お悩みは
太成二葉産業までお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら