HOME > サービス紹介 > 表面加工 > ラミネーティング

ラミネーティングlamination

ラミネーティングとは、印刷物にPP(ポリプロピレン)やPET(ポリエチレン)などのフィルムを貼り付ける表面加工の事です。ラミネーティングは熱を使って貼り付ける“ホットラミネート”と熱を使わない“コールドラミネート”がありますが、当社では熱(100℃前後)と圧力と糊を用いて貼り合わせるホットラミネート方式です。  
目的や効果として印刷表面の保護、強靭な耐久力、高光沢の付加による美粧性の向上などがあります。クリア、マットはもちろん、特殊フィルムを貼る事により、色々な柄や機能を付与できます。

ラミネートしくみ イメージ  
ラミネートのしくみ
A : 熱ロール(鉄のロールで、100℃前後で糊を活性化させる)
B : 圧胴(用紙とフィルムを圧をかけて密着させる)
C : フィルム(糊が塗布されている)
D : 刷本(印刷物)
矢印の方向に進みます。

設備案内

ラミネーターは菊四対応機~L全判対応機まで、4台設備されており関西でもトップクラスの生産力です。大ロット(例えば5万通し以上)には24時間体制で短納期対応もしております。ぜひご相談ください。

当社で加工できる印刷物の目安は以下の表を参考にしてください。

  最大 最小
用紙寸法
(mm)
1250×950 394×272
有効面積
(mm)
1240×940 394×272
加工可能紙厚
(g/㎡)
500 104.7

加工する素材によって、上記寸法と合致しないものもあります。

株式会社ハママツ製 ラミネーターKL-7

【 設備機材例 】
株式会社ハママツ製 ラミネーターKL-7

一般ラミネート素材  

一般ラミネート素材

OPPフィルムを印刷物に貼り付ける加工です。保護性や平滑性の高い表面から光沢を付加することで美粧性を向上させます。
蒸着フィルム  

蒸着フィルム

アルミニウムを気化させた蒸気をPETフィルム表面に付着する加工。輝度の高い金属光沢を持っています。
特殊フィルム1  

特殊フィルム1

フィルムに超微細なエッチングを施すことで、反射光により虹色のパターンに見える特殊なフィルムです。当社ではホログラム、アバロン、ジュエルの3商品をご用意しております。
特殊フィルム2  

特殊フィルム2

ラミネート化工はツヤのコントロールだけではありません。ナイロンを繊維状に編んだものを貼り付けることで、和紙や生地の風合いを付加することも可能です。