TOP > RECRUIT > 社長メッセージ

社長メッセージ

代表取締役社長

荻野隆

強い個性の共生が+αを生み出す

絵具には一色一色個性があります。ある時には一色でその役割を果たし、ある時は混ざり合い、新しい表現ができます。当社のロゴに入れた「Be your colors!」の一文。それには同じパレットにある絵具のように、「社員が個人個人の個性を発揮して欲しい」「互いの強みが混ざり合い強力なチームになってほしい」という思いを込めてつけました。 太成二葉産業は1949年に創業し、印刷物の光沢加工を生業として事業を展開してまいりました。

95年には印刷部門を、翌96年にはプリプレス部門を新設し、光沢加工だけでなく印刷物の企画・提案からデジタルデータの処理、デザイン、印刷、製本までトータルで手掛ける体制を構築。今までにない印刷物を生み出してきました。 我々の財産は、長きにわたって築いてきたお客様との信頼関係や、国内外から評価される高い技術力に加え、付加価値のある印刷物を生み出す創意工夫です。

そのためには、均一的な考えをする方より、人生を自分らしく楽しんでいる方と一緒に仕事をしてみたいと思います。強い個性が敬遠される時代にもかかわらず、当社には個性的な社員が揃っています。様々な考え方、バックグラウンドを持つ社員が共に働くことで、1+1=2ではなく、1+1が3にも4にもなるアイデアが生まれ、オンリーワンの印刷物を作ることができると考えています。

代表取締役社長 荻野隆

人間の五感に響く、存在価値のある印刷物を

商品のパッケージや販促ツールに求められる役割とは何でしょう。それは「使ってみたい!」「美味しそう!」「行ってみたい!」と、商品の魅力をアピールして、お客様の購買・行動意欲を刺激し、さらなる購買量の拡大へとつなげることです。 紙の種類がツルツルなのか、色を鮮やかに表現するのか、デコボコとした立体感をつけた方がいいのか…。ちょっとした印刷物一つとってみても、表現方法の違いでお客様である消費者の皆様に与えるイメージはかなり違いますよね。

商品の良さを最大限にアピールする方法は無限にあり、私たちは依頼主であるお客様のニーズを具現化するために、当社が持つ技術とアイデアで、触覚や香り、見た目といった五感に訴えかけるような印刷物を提案しています。

アジア各国の印刷技術を競う「Asian Print Awards」やドイツの国際カレンダー展でも金賞を受賞したり、国内でも「全国カレンダー展」や「全日本DM大賞」で入選を果たしたりしていることも、その裏付けではないでしょうか。

社員たちは、これまでの事業に満足せず、存在価値のある印刷物を生み出すために、日々どうするべきかと、主体性を持って取り組んでいます。お客様の思いを叶えるために、自分も大事なメンバーの一員だという自覚と誇りを持って仕事をしている姿は、社長として誇りに思います。

代表取締役社長 荻野隆
代表取締役社長 荻野隆

印刷だけじゃない。モノ売りからコト売りの時代へ。

インターネットが登場する以前は、消費者が商品に関する情報を収集する手段は、テレビやCM、新聞、雑誌の広告などと限られており、欲しいと思うものも、家、車…など共通していました。しかし現在は、一方的な情報提供に頼るのではなく、スマートフォンやタブレットなどを通じて、消費者がインターネット上のWebサイトやブログなどにアクセスし、欲しい情報を得ることができるようになりました。

モノも情報もあふれ、本当に買いたいものにしか消費しないなど、消費者の行動は変化しています。 今後は、マーケティングとマーチャンダイジングの視点から、欲しい人へ欲しい情報を与えていかなくてはなりません。そのために消費者構造を知ること、マーケットを知ること、お客様の業務を理解した上で、問題を探し出すことからお客様とご一緒すること、そして我々の強みである技術や印刷物を使うことで、どのような成果を生み出すことができるのか?「お客様と一緒にビジネスをしていく」ためのスキルが必要になると考えます。

当社は、国内外から評価される業界屈指の印刷技術という基盤に加え、自由に企画提案できる環境があります。印刷物が好き、キレイなものを見ることが好きと言う単純な興味から、当社をのぞいてみていただいてもかまいません。私たちと一緒に意欲的に取り組んでみたいという方のご応募をぜひお待ちしております。


- お電話でのお問い合わせはこちら -

06-6976-1121

受付 / 平日8:30~17:30